南アで男性同士の結婚式、アフリカ初の伝統的同性婚か

2013年4月6日、南アフリカのクワズール・ナタール州で、男性同士のカップルが伝統的様式にのっとって結婚しました。アフリカ初の伝統的同性婚と言われています。

詳細は以下。

この花婿たちはTshepo Cameron ModisaneさんとThoba Calvin Sitholさん。ふたりとも27歳で、 Modisaneさんはツワナ族、Sitholさんはズールー族。3年間の交際を経てModisaneさんがプロポーズし、4月6日に約200人の招待客の前で、ツワナ族とズールー族の伝統にのっとった結婚式を挙げたのだそうです。なお、このカップルは後でもう一度、もっと少人数の式をヨハネスブルグで挙げる予定だとのこと。

Modisaneさんはこの2月、Mamba Onlineに対し、お互いの家族にカップルとしての関係を紹介することは大きな一歩だっと語っています。ふたりにとって家族はとても大切なものなのだそうです。


「ありがたいことに、わたしたちは愛と支援を与えてくれる家族に恵まれています。わたしたちがゲイでも、家族たちは変わらず愛してくれています」
この男性達はまた、代理母を通じて子どもを持ちたいとも考えている。
「わたしたちにとって家族は重要で、それが子どもが欲しいと思う最大の理由です」Thobaは語った。「わたしたちはまた、うちの子どもたちには、理解ある親たちに大いに愛される環境で育ってほしいとも思っています」
"We are so blessed to have supportive families who care about us. Even though we are gay they still love us."
The men say they also hope to have children through a surrogate.
“Family is important to us and that is the number one reason why we want to have children," Thoba said. "We also want our children to grow up in an environment where they are loved greatly by both parents who appreciate them."

ちなみに南アフリカというのはレズビアン「同性愛を治す」という触れ込みでレイプされたり、はたまた男性とのセックスに応じなかったという理由で惨殺されたりしている国で、決してゲイフレンドリーな場所ではありません。アパルトヘイトへの反省から性的指向にもとづく差別は公的には禁止されているし、2006年に同性婚を法制化したりもしているのですが、まだまだホモフォビアは根強いようです。

以下、PinkNewsより引用。


Modisane氏は、自分たちの結婚式がこのような考え方(訳注:ゲイであることは悪で、同性愛は西洋から持ち込まれたものだとする偏見のこと)への反証となってほしいと考えていると述べた。「わたしたちの愛と行動に人々が触発されて同じ足跡をたどりたいと思うのであれば、LGBTIコミュニティの『ロールモデル』とレッテルを貼られてもかまいません」
The couple hope their wedding sets an example against this view, said Mr Modisane: “If people are inspired by our love and actions and want to do the same to follow in our footsteps then we don’t mind being labelled as ‘role models’ in the LGBTI community.”
この男性たちの勇気に拍手を。